Wednesday, November 30, 2005

ダッロウ

Apple、Intelプロセッサを搭載した「iBook」を1月のMacworld Expoで発謬hink Secretでは、信頼できる情報筋によると、Apple Computer, Inc.が、Intelプロセッサを搭載した「iBook」を、1月に開催されるサンフランシスコのMacworld Expoで発表する予定のようだと伝えています。新しい「iBook」は1機種増え、低価格になり、200ドルもしくはそれ以上値下げされる可能性があるとのことです。このIntelプロセッサ搭載「iBook」の情報は、以前Think Secretに「Mac mini」や「iPod photo」の情報を寄せたのと同じ情報筋から寄せられたものとのことです。この情報筋は、ほかのIntelベースのMacがMacworld Expoで発表される可能性を否定していないが、最初に発表される製品はコンシューマーベースの製品のみで、PowerBookやタワー型のプロフェッショナル製品は発表されないだろうと伝えています。Appleは、「iBook」に「Yonah」プロセッサを採用するようですが、1月出荷予定のデュアルコア版とデュアルコア版の後に出荷予定のシングルコア版のどちらを採用するかは不明とのことです。「Yonah」プロセッサのデュアルコア版は、現行の「PowerBook G4」よりも高いパフォーマンスを提供するようです。最初のIntel Macとして「iBook」などのコンシューマーシステムが発表されることは、ソフトウェア開発の観点からも筋が通っているとのことです。Adobeなどのデベロッパは、アプリケーションのユニバーサルバイナリ化を第1四半期までに完了する見込みはなく、現行のPowerPC版は「Rosetta」の元で利用することになり、パフォーマンスはネイティブバイナリと比べて30%まで落ちるが、「iBook」ユーザはこのパフォーマンスについてプロユーザよりも寛容であると指摘しています。一部のアナリストは、Appleが競争力を保ち、Windowsユーザを取り込むために、価格を引き下げるダッロウと予想しています。

2 comments:

pe said...

これってどーゆーことダッロウ。
インテルハイッテルになったら、
パワーブックよりいけてて
しかも5万くらいのiブックがでるってことすか?
もはやパワーのいみねーだ。見ためがいけてる以外。

da!da!da!datech! said...

200ドル値下げってすごいよね、PowerBookより早いのに。今のが12万だから10マンぐらいダッロウ
これでWindowsも動いたりしたら市場がひっくり返ったり!?なことないか

PowerPC版の現行アプリケーションがIntel版に全て書き換えられるまでの移行期にはPowerbookが総合して早い+安定しているっぽいので、そのへんがパワーなのかもね。
インテルのシールもかっこよくなるのかな