Thursday, September 29, 2005

ビットマン

図情でクワクボリョウタ氏の講演を聴きにいく。
内容はこれまでの作品紹介だった
肩肘張る感じでもなく、物腰の柔らかい印象を受ける。
職人気質。とも。
ビットマンぐらいしかしらなかったけど、IAMASでJames Gibsonさんが説明していたブロックジャムのインターフェースデザインをやっていたり、他にもすばらしい作品が多い。
http://www.vector-scan.com/
形、機能、コンセプトともにシンプル、モノトーン。
目の前の物から手を付けていく、実は自分で作れてしまう、思考ではなく手考、

講演後Jとコンペの話が盛り上がる。
楽しい。
とりあえず作ろ

1 comment:

sinohara said...

ge-いきたかったわ