Sunday, October 02, 2005

onedotzero < LAURIE ANDERSON 


左;高尾 中;南舘 右;吉井

今日上京。ひでに本を返すはずだったが、、、
digital short film,animationの祭典、onedotzero。
volumeが大きすぎと思った、トイレに行く途中みたらmixerの人が寝ていてびっくり。
映像きれい。
プロの仕事。技術はすごいし、どうやってるのか全然わからなかったけど、心奪われる瞬間は、、、入場料ほどあったかなー、、、
でも勉強になる。
空間の演出、疑似に限定された空間を仕上げる?まずは質感?
アイディアがぽろぽろ浮かぶ。/1700円

その後、takawoの提案でLAURIE ANDERSONの展示をICCに見に行く。
すばらし.katta
これまで物語や動きを主な媒介として扱うアーティストをあまり見た事がなかった。
彼女はほとんどの作品を日本語訳し、インスタレーションにも日本語を用いていた。
わかりやすい言葉をつかう。
壁に直接ドローイング。
一人でダンス。
伝えるものの輪郭がはっきりしている。彼女の輪郭がはっきり見える気がする。
僕は体験した事がないけど、世界中のどんなストリッパーよりも潔く脱ぎ、踊れている。気がする。/800円


「名前を文字通り、名指しなさい。そして名前をいっさい使わないものに本気になりなさい」
「ごめん、ごめん、、今、あの輝かしかった頃を思い出していたの、決してごめんなんて思わなかった頃」
「精神病院に通院していたある日のこと次の事に気づいたの。月曜はきれいな窓ガラスなのに、週末になるにつれて多くのキスマークがつけられていった。それが毎週続くの。その事を先生に伝えると彼には見えないって。太陽光との角度の関係で、ガラスについた大量のキスマークは私からは見えるけど、先生からは見えなかった。毎日訪れる娘さんが窓にキスをしていって週末になると清掃員が窓をきれいにしていた、それだけだった。それを知ってもう治療を受ける必要がないんだって思ったの。だって結局は座っている位置が違うっていうだけのことでしょ」/priceless

5 comments:

フ said...

ローリーアンダーソン良かったよね!

ただ刺激が強いのもよいけど、刺激的なストーリーがあるものはもっと好きなんです。

da!da!da!datech! said...

ほんとよかった。。
ストーリー、つかめるだけでうれしいし、やっぱり泣ける展開だったりして、たまんない

pe said...

ローリーアンダーソンはじぶんもいきました。
とてもよかったです。ひとつだけ、
オウムがしゃべっている作品で、
なぜ皆わらわないのか、ほんと、笑いたかった。
あれぜったい、ガキの使いにでてくる外人のヒトの
しゃべり方。

da!da!da!datech! said...

確かにかなりおかしかった。
俺行った時はぽろぽろ笑いが起こってたよ。
壁に書いてある手書きの日本語はかなり達筆なのに、声はめちゃくちゃ外国人で、
絶対ねらってるよね。
内容は感傷哲学的で、
断片的で、
すべてが

タカミザワ said...

ギターのだて君へ☆
うわああーー!すごいね!かっこいい!ブログ! 私のへっぽこブログは http://ameblo.jp/buroguore/ です