Wednesday, September 21, 2005

葛西薫

「戦争と戦争の間のつかの間の平和はものすごく平和を感じる。
のべつ大笑いするよりも、ようやくこぼれたほほはものすごく意味のあるものになる。
そうやってどんな行為でもその行為の横で何が起きてるかがすごく重要で、、、、、」
目の前の風景にどうコントラストをつけられようか。

「経験のない事では驚かされない。」
ゆっくりと強く足を踏みしめる。腰をいれる、
さまよい歩く

5 comments:

kazuto said...

自分の大きさを感じることが出来るから宇宙の大きさを感じられる。
世の中は絶対的ではなくて全て相対的。
行為もまたしかり。そういうことかな^^

da!da!da!datech! said...

そんな感じなのかな。。
上ばかり見てるのもなんか違うだろうなという励まし??

yukawa said...

なぜ葛西薫なのですか
葛西薫のせりふ?

da!da!da!datech! said...
This comment has been removed by a blog administrator.
da!da!da!datech! said...

そうです、「」の部分は彼の言葉。
”グラフィックデザインの入口”という本で、若手デザイナーと対談で出てきた。
いいことを宣う。
彼はちなみに美術教育受けてないらしいよ。共感かつ激励